反田恭平さん、小林愛実さんとはのだめと千秋先輩コンビ

のだめカンタービレ トレンド
スポンサーリンク




反田さんがの人生がのだめカンタービレのまま

昔大ヒットし、未だに根強い人気のある「のだめカンタービレ」という漫画でドラマで映画をご存知でしょうか。今現役で活躍してる反田さん世代は、皆この漫画の影響を得てピアニストになったと話しています。

ユーチューバーとしても人気で反田さんと一緒にショパンコンクールでセミファイナルまで進んだかてぃん(角野隼斗)さんも、その一人。

実際、主人公を演じた上野樹里さんに反田さんが会ったときに大ファンだと興奮したエピソードもあります。

何が地で行くかって・・

ショパンコンクール後に結婚されたお相手は、ショパンコンクール4位入賞という、これまた日本を代表するピアニスト小林愛実さんです。

世界のトップに立った二人が結婚となれば、誰もが祝福しました。

のだめカンタービレは、同じ学校だった学生時代にのだめが憧れた天才指揮者の千秋先輩と一緒に生きて行きたくて必死に努力し、千秋先輩ものだめからいろんなことを学びながら、二人で音楽の道に生きる覚悟をしていく成長物語。

すごいギャグシーン連続で、反田さんはこんなハチャメチャではないですが・・

まさに小林愛実さんは同じ小学校の後輩であり、反田さんはピアニストとして活躍する前に指揮者として舞台に立ちます。まさに千秋先輩です。そして同じ学校の先輩後輩の、のだめ(小林愛実)と指揮者千秋先輩(反田恭平)は切磋琢磨し、世界のトップピアニストを決める名門ショパンコンクールに日本人として過去最高の2位と4位を受賞しました。

その後結婚し、今年赤ちゃんが生まれました。

天才ピアニストのハーフが今後どう成長するか楽しみしかないですね。

「のだめかんたーびれ」に強く影響されたと本人も話していますが、同じ人生をまさに今歩んでる最中です。

漫画では二人が音楽の道に生きていく決意で終わりますが、反田小林夫婦は、「のだめカンタービレ」のその後のストーリーをこれから教えてくれるのかもしれません。

この2枚・・

ほらそっくり・・

二人はどだめと千秋先輩にしか見えない・・

奈良・東大寺で14日に始まった初代別当(住職)、良弁(ろうべん)僧正(689~773)の1250年御遠忌(ごおんき)法要。

10月14日に、奈良・東大寺で初代別当(住職)、良弁(ろうべん)僧正(689~773)の1250年御遠忌(ごおんき)法要が盛大に行われ、歌手ではミーシャ、伝統芸能なども披露されました。

その中で、日本一とも言える天才ピアニスト反田恭平さんの演奏が行われ、12月3日、NHKでその時の様子がEテレで放映され、当日見に行けなかったファンたちが沸き立ち、一気にネット検索で反田恭平さんがトレンドに選ばれました。

日本一、ピアノのチケットが取れないと言われてる大人気ピアニストです。

まだまだ千秋先輩を地で行く反田さん

「のだめカンタービレ」の中で千秋先輩は「弾き振り」というのをします。

これは指揮者である千秋先輩が、ピアノの演奏も自分でするため、ピアノの椅子に座りながらスタートの合図を指揮者としてオーケストラに送るのですが、今回の演目を見ていたら、指揮・ピアノ反田恭平と書かれていました。

漫画の中の千秋先輩がやった指揮振りをやったということですね。

本当に千秋先輩のキャラクターのままの人生です。

反田恭平X小林愛実 玉木宏X上野樹里

反田さんが玉木宏に見えてきました・・



コメント

タイトルとURLをコピーしました