【モデル画像】高橋茉莉は生活保護法令違反していない!原因は両親?ラウンジとキャバクラの違いは?

トレンド
スポンサーリンク





ハイスペックなミス慶應の元アナウンサーと学生時代は華やかに過ごされていました。

大学時代は、きれいなアナウンサーを多く所有する有名プロダクションのセントフォースの大学生部門にも所属し、芸能活動も少しされていました。

FLASHなどでのグラビアセクシー写真なども、すっかり話題となりましたね。

ここでは、下の項目について考えていきます。

  • 高橋茉莉さんは生活保護の不正受給していない理由
  • では立候補断念の原因となった法令違反は何か?生活保護の条件などから考える。
  • 両親は働らけるぐらい健康だったか?
  • 国民民主党が立候補を見送らせたのはなぜか。
  • 大学以降の華やかなモデル活動中の画像
  • ラウンジの仕事内容は時給など、どれぐらいかせげたか。

などについてまとめます。




高橋茉莉は生活保護の法令違反していない?

生活保護を受ける条件に、

大学に通う場合は、生活保護の枠を外して保護から出て独立しなければならないという条件があります。

もう一つ、ラウンジの仕事という夜の仕事につくことができるのは法律で18歳以上とされています。

つまり、大学に18歳で入り、最短で1年生のときにやっとラウンジでアルバイトができる年齢を迎えます。

ということは、すでに生活保護を外れた状態で、収入を得ているので、本人が言うように、ラウンジ勤務の時点で、不正受給していないと考えられます。

(ただし生活保護下にあった高校時代にアルバイトなどしていてそれを申告していなかった場合は、また違います)

法令違反とは、何が違反か?

ここで疑問は、離党せざるを得なかった理由として国民民主党は、ラウンジ勤めに関して完全に否定

ただし、金銭関係をクリアにすることが一番求められている現在の議員選びを考えたところ、法令違反の可能性が見つかったため今回の決断に至ったと説明。

高橋氏のプライバシーを守るために、詳細を発表しないという状況です。




高橋茉莉の法令違反の原因は両親?

以上の4項目をすべて満たした場合は、生活保護が受給できます。

ここで気になるのは、本人ではなく両親は

二人共が、病気や怪我で働けない体であったのか?

片方だけでも健康で仕事を持てたら、世帯収入が13万を超えるのはないだろうか。

どんな人も働ける体があれば、就労し自活するのが第一条件です。

体の理由で働けない条件がある場合に、やっと生活保護の受給の可能性が出てくるのだ。




両親は働けるぐらい健康だったのか?

高校時代まで、生活保護下にいたということなので、両親は二人で働いても合計13万にいかない仕事にしかつけなかったのか、もしくは二人共体に障害があって、全く就労不可能な体だったのか。

今のところ、両親が重い病気であるから働けなかったという話は聞こえてこない。

不正受給は本人ではなく両親にあった可能性も考えられますね。

実際今、生活保護者問題の中に、働かなくても生活保護受けれるから働らかずに不正受給してる人が多いのが問題になっています。

ハローワークにもいかなかったり、形だけハローワークに行っても、働く気がないので仕事を決めずに生活保護に守られている人も一定数いるようです。

先日ある自治体が受給者から訴えられているニュースが有り、その自治体はハローワークに行ったら、その日分のお金を支給するようにしているため、受給者は毎日不便だと訴えました。

自治体は、先に渡すと仕事を探しに行かないからだと話していました。

このように生活保護受給は、条件も厳しいので、悪気なく不正受給をしていた可能性もあるかもしれません。




党として立候補を取り下げたのは僅かなリスクも回避?

党としては、少しでもグレーな人を入れて、今後足を引っ張られたくない緊張した状況があるので、実際問題なくても僅かなリスクがあるなら、それを避けた結果かもしれない。

高橋茉莉の画像まとめ!

  • 「ミス慶應ファイナリスト」となる(この年はたまたま、ミス慶應を選抜できない年だったのでファイナリスト止まり)
  • 「ミス日本」東日本代表に選出される。 のちに、ミス慶應とミス日本出場経験が人生で一番たいへんだったと思える時間を過ごしたと話しており、この経験はその後につながる素晴らしいものだったようだ。
  • 美人アナウンサーを多く抱える「セントフォース」の大学生の事務所に所属し、アナウンサー活動を経験
  • FLASHなど雑誌グラビアなど芸能活動もおこなう。

グラビア活動の画像

セントフォースの紹介写真

ミス日本出場




高橋茉莉のラウンジ時代はどんな仕事?給料はいくら?

ラウンジとキャバクラの働き方の違いは?

キャバクラは基本マンツーマンでのサービスで、ラウンジはママと言われる存在の下で来店されたお客さまにキャストと呼ばれる女性スタッフたちが同席して会話を楽しみます。

キャバクラは1対1に対し、ラウンジは1対数人、もしくは数人対数人とよりカジュアルな感じです。

お客さまが個々に関係性を築いていくキャバクラは営業活動が売り上げを大きく左右するため、多くのお客さまを呼べればその分給料に差が出ます。

ラウンジはお店全体でお客さまをもてなすスタンスのところが多いため、営業活動しなくても給料に売り上げが反映されることは少ない違いがあります。

キャバクラはお得意様がいるので、予定を決めて出勤しますが、ラウンジは、指名制ではないので出勤時間が自由。

キャバクラは営業ノルマがあり、売上のためにお客さんに連絡取るなど営業活動が必要ですが、ラウンジはノルマもなく働く時間も自由がききます。




お給料はどれぐらい?

時給制で東京都の相場は約4000円~で、高級店になると7000円になることもあります。

高橋さんが働いていた可能性があると言われる六本木のお店は、時給が10000円~とかなり高いところもあります。

指名制をとっているお店であれば、指名料のバックが入る場合もあり、ほとんどが日払いで支払われます。

キャバクラの時給は東京都で約3000~5000円程度です。

それに、指名料や同伴料、ドリンク代など売り上げのバックが加算されます。




キャバクラとラウンジの違いは?

キャバクラとラウンジの客層の違いは?

ラウンジのほうが客単価が高く、年齢層も高めと言われています。

完全会員制の高級ラウンジになると、かなり高収入で、社会的地位があるお客さまが多い傾向。

キャバクラの客層は学生から社会人までいろいろな方が来店します。




接客の服装の違い

ラウンジはワンピースなど、普通っぽいシックな感じの服装のことが多く、キャバクラは、華やかなドレスを着ることが多い。

働く女性の年齢の違いは?

キャバクラのほうがラウンジより若い人が多い。20代前半ぐらいまで。

ラウンジは少し年齢高めで20代後半ぐらいの方も多い。

落ち着いた接客のできる年齢の人を好む、年齢層の高いお客さんが多いからかもしれない。






まとめ

生活保護を受けながら、勉強も頑張り努力をして成長してきた高橋茉莉さん。

短い間にいろいろな経験をされ、今日に至ることが解ります。

今回は、党としてはプライベートな内容になるので理由は特にはっきりさせないままかもしれませんが、少なくともラウンジという職業に対しての差別ではなかった。

今後、党にとってリスクが有るかもしれない状況があったための決断ということのようです。

本人の不正受給疑惑に関しては、タイミングとして、18歳以上でないとラウンジは働けない、その時点で大学に入っているので、生活保護を外れているはずということで、不正受給はないと考えます。

ただし、高校時代にアルバイトをすることはよくあることです。

高校時代は、生活保護を受けていた時期なので、その時期に本人がアルバイトをしていたり両親も働いて収入があって、それを申告していなかったような事実があるとすれば、本人にも法令違反というのがかかってくるかもしれません。

ただ、生活が厳しい中で働いたことだったり、受給条件をよく把握していなかった場合もあるので、詳細は発表しない国民民主党の判断を受け入れ、この話は深堀りしないほうが良い気がします。

万が一、家族に不正受給があっても、悪気があったと断定できないからです。

知識不足でうっかりしていた場合も否定できません。

今回は、高橋茉莉さんには厳しい結果でしたが、今までの努力や活躍する強さ、積極性があるので、また別の形で活躍してくれることを期待します。

関連記事






コメント

タイトルとURLをコピーしました