田中真美子結婚時期が悪くサゲ◯◯?水原一平違法賭博で大谷翔平の評判激落ち

スポンサーリンク




日本時間26日に大谷から遅くなりましたが説明がありました。




田中真美子さん、サゲマン?

もう一年伸ばせばよかったのに・・




水原一平さんはなぜ大金を送金できたのか


水原氏が一人で大金を送金できないわけ

国際カジノ研究所所長の木曽崇氏は3月25日、自身のXを更新。

通常、高額送金には個人認証があるんだよねえ。今回の大谷-水原の事件でこれが本当に窃盗だとすると、どうやって水原はその個人認証を乗り越えたのか?っていう話にならざるを得ず、正直大谷にとってはかなり不利な状況だなあと思う》

 と、米経済誌Forbesの「大谷が賭博スキャンダルで潔白を保つのが難しい理由)」という記事を投稿した。

 水原氏だけでは、振り込むことが難しい理由は下記のとおりである。

・金融機関は電信送金の限度額があり、口座保有者は身分証明書のチェックや書類作成を経て、限度額の増額や解除をおこなうことができる

・もし大谷が本当に送金に気づいていなかったとすると、水原氏は大谷の法的書類を盗むか、偽造する必要があった

・2人は親密な関係にあったが、その可能性は極めて低い。数カ月も本人が知らないうちに、このような大金を送ることは不可能に近い

・もっとも可能性が高いのは、水原氏が当初、話し、その後、撤回された話だ。危険な窮地から救ってくれるよう友人に頼み、その友人がボウヤーに送金したというものである

これが意味するのは、大谷自身が操作しなければ、これだけの高額の送金は難しいだろうということのようだ。




アメリカは大谷に酷評が広がる

アメリカメディアは、この件に対し何も発表しない対応に酷評




ニューヨーク・ポストは大谷に対しいやみと疑念

ジョン・ヘイマン
ジョン・ヘイマン

「オオタニ陣営は彼が球界のレジェンドであり、金銭感覚の鈍い人間だと信じさせたがっている」「オオタニは被害者であったとされている。しかし、我々はこの物語の初回にいる」

「ニューヨーク・ポスト」紙の敏腕記者として知られるジョン・ヘイマン氏は、大谷は金銭感覚が鈍いからこの件に関して何もわかっていないような印象操作をしているかもしれないが、実は事の真相が見えていないことを強調している。


大谷の沈黙はますます大谷が主犯とする憶測を広げた

アメリカのSNSでは大谷に対し、怪しいという疑念の声、隠蔽という声が広がっている。

水原氏はインタビューの中で、大谷選手はお金について私を信用していないと言及している。

ではなぜ通訳の水原が銀行口座から送金ができたか、会計士は何をしていた?

何ミリオンドルものお金が口座から消えたのを知らないはずがない!

「大谷は100%賭博していた」

「通訳が変わりに罪をかぶっている、大谷が何も知らないはずがないから」

という大谷主犯論が広がっている。

アメリカ人
アメリカ人




日本時間26日に大谷から説明がありました!

大谷から直接の説明は少し遅くなりましたが、日本時間26日に、大谷は、一切自分はこの件に関与しておらず、韓国戦の時まで知らなかったと説明がありました。

捜査協力はするし、自分は基本的には今シーズンに向け、試合に集中していくことに変わりないということでした。

このことが、野球に悪い影響が出ないことを、みな願っています。




水原氏の年俸はどれぐらいだったか


水原氏がギリギリセーフと言われる理由




水原氏の説明が1日で一変した理由

弁護士のやしろ氏が、1番で話が一変したことに対して私見を述べた。


大谷がMLBから調査される可能性はある

「報道を通じて疑惑を知り、情報を集めている。調査部(DOI)が調査の手続きを開始した」とMLBも動いている。

「違法なブックメーカー(賭博業者)と賭けをした選手や審判員、リーグ職員らは行為の事実や状況に応じ、コミッショナーが適切とみなす処分の対象となる」




大谷翔平がかぶる可能性のある処分を過去例から見る

 全国紙USAトゥデーが直近で選手がギャンブル関係で処分された場合の懲罰例を明かした。

  • 15年にJ・コザート投手(当時マーリンズ)が違法スポーツ賭博に賭けていた件は、野球には賭けていなかったことが確認され、罰金処分のみで出場停止などは課されていない。
  • もし、選手が野球に賭けていた場合自身が関わってなければ自動的に1年間の出場停止。
  • 出場試合に賭けていた場合、89年のピート・ローズのように永久追放処分になる。




国際弁護士が解説!大谷は今後どのような可能性があるか?

国際弁護士 清原博 氏は、今回の例についていくつかの可能性を話しました。

大谷選手に直接話を聞くことと、ギャンブルをした水原氏から事情を聞くということ。メジャーリーグの場合は、違法賭博に対しては厳しく、グレーなものであっても処罰をしてきている。もし大谷選手が、水原氏の借金を返すために、自分で元締めに送金したとなれば、メジャーリーグの規定に違反する可能性がある。 違法なギャンブル業者に送金したという認識がなくても、送金したということになれば、結果的に違法業者の利益を生じさせたということで処分されることもある。 最悪な場合1年間の試合出場停止という厳しい処分まで出る可能性があると、アメリカメディアでは報じられています。




まとめ




関連記事



コメント

タイトルとURLをコピーしました