東京都の高校授業料無償化所得制限撤廃はいつから?私立や共稼ぎは?

小池知事 トレンド
スポンサーリンク




所得制限撤廃はいつから?共稼ぎや私立の場合は?




国の高校授業料無償化支援制度とは?

??????????

都内に保護者が住んでいれば、都内の高校はもちろん、他県の高校も無償化になります。

大阪府は現在どうでしょうか? 近隣府県も注目

また東京と違い条件がついていて、キャップ制というものが有り、私立高校は、公立よりも少ない資金で運営しなければならなくなり、私立高校は従来のままのレベルの教育を維持するのがむずかしい問題が発生。




現在東京都はどの様になっていますか?

2024年度から無償化スタートしますが、個々に手続きが必要となり、手続きが終えたら10月に授業料が戻ってきます。

ベースにある問題点とは?

そもそも所得制限に付いて問題とされるようになったのは、年収が上がれば税負担が増えるにも関わらず所得制限があるのは逆に不公平という意見です。

累進課税の影響で、いくら稼いでいても高年収世帯の負担が大きく、子どもを複数人育てるのは大変です。

岸田政権が掲げる「異次元の少子化対策」が、児童手当の所得制限撤廃という見えやすい表面的な改革だけでは実際は解決できません。

フランスが平均出産率を3人以上まであげた制作の1つに「N分N乗方式」というのがあり、これが注目され始めています。

これは、フランスで1946年から導入されている税制で、子どもの数が多いほどより低い税率が適用され、税額も少なくなる仕組みです。

日本では子育て支援の給付金をバラまいた方が、政治家には選挙に有利なのかもしれまん。

少子化対策の成果を出すには子育て世帯の税負担を減らす仕組みを作ることが大切だと思います。



高校授業料無償化 関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド政治
あん奈をフォローする   (応援よろしくお願いします!)
TRENDY blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました